読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁護士 奧野舞のブログ

弁護士法人シティ総合法律事務所(http://www.city-lawoffice.com/)

【医業】【労働】医師・看護師の時間外労働

厚生労働省の「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会」という組織をご存知でしょうか。

 

最近,この検討会が,医師・看護師の短時間労働や時差勤務の導入といった勤務体系を見直し,外来医療の提供体制の最適化,医師業務の移管(タスク・シフティング)の推進など,多岐にわたる提言を行いました。

 

2016年10月に発足した組織だそうで,今後の医療を取り巻く環境の変化や患者のニーズの変化・多様化を踏まえて,医師・看護師等の働き方について検討する目的が掲げられています。

 

平成28年の厚生労働省委託事業として行われた調査・研究では,医師の時間外労働の割増賃金について,下記のアンケート結果が出ています。

 

時間外労働に対する手当については、

①「申告時間通り支払われている」が36.7%と最も多く,

他方で,

②「上限時間が決められており、それを上回る時間については支払われていない」が11.8%、

③「上司が時間外労働を認めた時以外は支払われない」が5.7%、

④「時間外労働時間については支払われていない」も8.2%という結果でした。

 

②から④を合計すると,約25%以上は,法律にのっとった割増賃金額が支払われているとはいえない,という結果になりました。

 

実際には,時間外労働の申告自体をしていない,申告していたとしても実際の労働時間とは整合していない,という医師も相当数いるのが現実であろうと思います。

 

将来的な人口推移を考えると,医療サービスを受ける人が増加する一方で,労働人口は減少してゆき,医療現場で第一線で働く人の負担が必然的に増え,現状のままでは医療現場から働き手が離れてゆくことが予想されます。

 

上記の検討会の提言にも含まれているように,医療従事者の業務負担の軽減だけでなく,医療従事者が医療現場から離れてしまうことのないよう,男女問わず,医療従事者の育児や介護に配慮する意味での短時間労働・時差勤務の導入・在宅労働・施設内保育所の整備などの支援は急務であろうと思います。

 

広告を非表示にする