弁護士奧野舞のブログ

弁護士法人シティ総合法律事務所(http://www.city-lawoffice.com/)

【医業関連】<Q&A>病院内での暴力や暴言に対する対処①

<Q>

あるクリニックでは,交通事故で外傷を負った患者に,事故直後から月に1~2度のペースで通院してもらっていましたが,医師がそろそろ通院も不要と考え,患者に対し「受傷部位に異変を感じたらまた来て下さいね。」と言い,定期的な診察は一旦終了する旨を伝えました。

すると,患者は「一向にしびれが治らない。そもそものお前の診療ミスだ!金なんか払えるか!」と大声で怒鳴るとともに,診察室にあったトレーなどを医師に向かって投げつけ,その後担当医に土下座を強要し,結局診療代も支払わずに出ていってしまいました。病院としてはどういう対処をすればよいのでしょう?

 

 

<A>

 患者が医師や看護師その他職員に対して暴力や暴言を行った場合は,それが刑法上の犯罪行為に当たる可能性があるので,暴力や暴言があったこと自体を証拠として残すために,すぐに警察に通報するとともに,出来る限り早く弁護士など第三者を関与させる必要があります。

 

先程のケースでいえば,まず,クリニック内で医師や病院職員に対して大声で怒鳴る行為は,刑法上の「威力業務妨害罪」に当たる可能性があります。大声を出すことで周囲を威嚇し,通常の病院業務に支障を生じさせているからです。

また,患者が医師にトレーを投げつけた行為は「暴行罪」に当たる可能性がありますし,実際に医師や病院職員が投げられた物に当たって怪我をした場合には「傷害罪」に当たる可能性もあります。病院内の備品を壊せば器物損壊罪に当たる可能性があり,土下座を強要した行為は,「強要罪」に当たる可能性があります。

病院側として誠心誠意対応していたつもりでも,医師や職員等との意思疎通がうまくいかずに病院内での患者による暴力・暴言が行われた場合,いかなる経緯や理由があれど,患者側は診療に不満があったら何を言ってもやってもいいんだ,ということにはなりません。

病院として法的に適切な対応をするために,まずは警察や弁護士に相談をしてください。

 

病院関係者だけで問題に対処しようとした場合,どうしても,「診療契約にもとづいて医師が行った説明や診療に問題がなかったか…」という話に帰着してしまうので,もし病院側にわずかでも引け目を感じる部分があった場合は,そこに付け込まれて患者側から不当な請求や要求が なされてその内容がエスカレートしていく,といった危険性もあります。

また,患者の暴言や暴力は,多くの人間が目撃している場で行われるとは限らないですから,患者側と病院側の言い分が食い違ったまま,「言った言わない」の話で平行線となり,話し合いでは一向に解決しないことも多いです。

 

警察や弁護士に早期に相談をするメリットは,被害に遭った事実を通報・相談することで第三者のもとに記録が残りますし,もし暴行・暴言をきっかけとして刑事裁判・民事裁判に発展したとしても,病院側の主張のとおりに「実際に暴言・暴力があった」として,裁判の中でも信憑性のある話と評価される可能性が高くなります。